営業で転職をする際、未経験可の面接で志望動機を聞かれた時の回答例

転職を考えている方にとって、営業をするということはハードルが高く感じる人もいるでしょう

 

実際営業をしたことある人は「業種、分野、ルートか新規かによって違うから一概には言えない」と言うでしょう。

 

未経験者にとっては、営業はおしゃべりで軽くてなんて偏見を持っている人もいるかもしれません。

 

しかし、営業とはおしゃべりで軽い人が向いている仕事とは言い切れないのです。

 

社交性が無くても趣味が同じだったりするだけで業績アップに繋げることが出来る楽しい職種です。

 

 

そんな営業職を目指す営業未経験者が心配するのは面接でしょう。

 

いくら志しが高くても、その気持ちだけでは面接で合格を勝ち取ることはできません。

 

 

面接官に好印象を与えられる「志望動機」をいくつか紹介します。

 

志望動機は入社するための「口説き文句」です。

 

ここをしっかりおさえれば、入社への道は近くなることでしょう。

 

営業職で働くようになればわかりますが、例えば商品を売るときに決め手となる言葉をいうことでお客様から注文を頂けることもあります。
これば一億円の仕事だったりしたら、0円か一億円かになる重要な商談だと思い挑むといいでしょう。

 

 

面接における志望動機のポイント

 

業種・業界の魅力を伝える

 

なぜこの会社を選んだのでしょうか。給料や雇用内容がいいから?会社に魅力を感じたから?伸びている業界で未来が明るいから?

 

様々な理由があると思いますが、まずは業界のことをググってみてください。

 

暗い話題は避けて明るいことだけを抽出しましょう。

 

基本的には「成長性」「社会性」「興味を持ったポイント」に絞り込んで考えてみてください。

 

異業種への転職の場合、その業界がわかる業界紙を見るのもよいかと思います。

 

会社の魅力を伝える

 

会社のサイトで経営理念や価値観、魅力と感じる取り扱い品目等々、自分の観点で会社の魅力を伝えましょう。

 

ISOを取得していると経営理念はしっかり明記されているはずです。

 

実際、経営理念を貫いている企業がどれだけあるのかが疑問ですので、取り扱い品目に焦点をあてるのがベストでしょう。

 

仕事の魅力を伝える

 

初めて営業を行うのですから、魅力は未知数です。

 

たとえ話で「先輩が一線で活躍していてイキイキしているのを見て〜」とか「前の職場に来ていた担当営業さんが〜」とか言うのもいいでしょう。

 

自分で御社の商品を売り歩いて、もっと世の中に浸透させたい!なんてのもよいかと。

 

営業志望なので、求人内容が「ルート営業」と「新規開拓」では伝える内容が異なることも理解しておきましょう。

 

志望動機は自分の言葉で自分らしく伝える

 

「当社を選んだ志望動機はなんですか?」

 

ここから先は上記で述べたポイントをしっかり捉えて自分の言葉で述べるのがよいでしょう。

 

web上に散々している「テンプレート」を丸暗記しても相手には伝わりません。

 

なぜなら、同じようなことを誰もが言うからです。

 

人と違った観点で物事を捉えるのも良し。誠実に思いのままを伝えるのも良し。

 

面接官はあなた自身を面接しているのです。テンプレートのような優等生が合格する時代は終焉を迎え、自分で考えられる人を企業は求めています。

 

もうすでに営業は始まっているつもりで面接に挑むといいでしょう。

 

特に新規開拓を目指すのであれば、面接官を落とすつもりで『これが面談』ということを忘れずに!!

 

おすすめの営業職転職サイト

 



 

 

簡単登録の転職サイト「ピタジョブ」|

 

タジョブは一太郎などで有名なジャストシステムが運営している2015年6月から新たに開始した求人・企業情報サイトです。

 

 

転職は人生でそう何回も行うことではないので、少しでも条件のいい企業に働きたいものです。
ピタジョブは可能な限り最大の転職機会の中から、最良の転職先を洩れなく見つけ、納得いくまで比較検討できることを特長としています。

 

関連ページ

営業転職!未経験なので面接が不安なとき
営業未経験の人は、営業職につくのも不安になると思います。このサイトではこれから営業に転職してみたいと思う人が安心して転職ができるように後押しします。
転職未経験でも大丈夫!営業アシスタントの業務内容
営業未経験の人は、営業職につくのも不安になると思います。このサイトではこれから営業に転職してみたいと思う人が安心して転職ができるように後押しします。
営業アシスタントの面接で気をつけるポイント
営業未経験の人は、営業職につくのも不安になると思います。このサイトではこれから営業に転職してみたいと思う人が安心して転職ができるように後押しします。