ルート営業のメリット・デメリット

未経験で営業をするならルート営業

新規開拓は営業未経験でも経験者でも、自分に自信がない限り、思うように成績を残せず、安月給で働くか心を病んでしまうことになります。

 

ということで「ルート営業」の一択となることでしょう。

 

ルート営業のメリット

 

既存顧客を定期訪問するので、スケジュールが立てやすく多少自分の時間が作ることができます。

 

公園や駐車場、本屋にいるスーツ姿のサラリーマンは時間調整しています。

 

決してサボっているわけではなく次の顧客へ行く前の時間調整です(サボってるに近いでしょうけど)

 

ちゃんと自分の目標(売上・粗利(利益))を達成していれば何をしても問題ないのです。

 

時間を有効に使えるのがルート営業のメリットです。

 

ルート営業のデメリット

 

担当になった顧客によって、自身の成績が左右されます。

 

VIP顧客を持てば何もしなくても成績は安定しますが、売上の少ない顧客をたくさん持たされると自分の時間を作る余裕が無くなり、時間との戦いで移動時間ばかりになり、社用車を使用する場合、事故に合う確率が上がります。

 

また、飲みニケーションが多く、会社から負担があればいいですが、無い場合は自腹になりますので金銭的に苦しくなることがあります。

 

金銭といえば、歩合ではなく固定給ですのでベースアップが無い会社に勤めてしまうと給料アップが望めなくなり将来に不安を覚えることになります。

 

おすすめの営業職転職サイト

 



 

 

簡単登録の転職サイト「ピタジョブ」|

 

タジョブは一太郎などで有名なジャストシステムが運営している2015年6月から新たに開始した求人・企業情報サイトです。

 

 

転職は人生でそう何回も行うことではないので、少しでも条件のいい企業に働きたいものです。
ピタジョブは可能な限り最大の転職機会の中から、最良の転職先を洩れなく見つけ、納得いくまで比較検討できることを特長としています。

 

関連ページ

営業未経験でも大丈夫!ルート営業とは
営業未経験の人は、営業職につくのも不安になると思います。このサイトではこれから営業に転職してみたいと思う人が安心して転職ができるように後押しします。
営業未経験でもOK!新規開拓営業とは
営業未経験の人は、営業職につくのも不安になると思います。このサイトではこれから営業に転職してみたいと思う人が安心して転職ができるように後押しします。
転職して営業するなら『ノルマなし』が理想です
営業未経験の人は、営業職につくのも不安になると思います。このサイトではこれから営業に転職してみたいと思う人が安心して転職ができるように後押しします。